HOME>イチオシ情報>アジアや中東、それにEUなどから学生が学びに来ている

正統派のアクセントを身に付ける

study abroad

依然として人気の高いイギリスへの留学ですが、正統派と言われるアクセントを学び、身につけることができるとあって人気が高いです。アメリカアクセントとイギリスアクセントが代表的ですが、実は歴史あるイギリスのアクセントのほうが由緒正しい英語であると考えられています。そのため、上流階級の人であるほどイギリスへの留学を好む傾向があります。周囲は皆、正当な英国アクセントを話すため、日本人特有の訛りや癖などを修正するのにも役立ちます。日本では何かとアメリカ英語がもてはやされていますが、世界の主流はやはり英国であるため、正統派のアクセントで英語を話すことにより、一目置かれるようになります。

英語の学力に合わせて学べる語学学校

男女

イギリスの語学学校では予めクラス分けが行われ、英語の学力に合わせてレッスンを受けることになります。留学中の授業は当たり前ですが、全て英語で行われるため、可能であれば中学英語までの基本的な何要は理解してから留学したほうが、英語が飛躍的に上達すると考えられています。語学学校では、アジア人や中東からの留学生、それにEUからの留学生も多いことから、様々な国の人達と切磋琢磨しつつ、文化交流を楽しむことができます。

修士の学位取得なら大学院へ

STUDY ABROAD

イギリスは世界有数の名門大学が集まる国です。日本人でも修士号をイギリスで取得するために、イギリスの大学院への留学を決める人も少なくありません。大学院ではネイティブ達と対等にディスカッションし、レポートを英語で書き、その上で英語で修士論文を書かなければなりません。これだけのことができなければ、厳しいイギリスの名門大学では退学の処分が下されることもあります。そのため、しっかりと日本で準備をしておくことが大切です。

広告募集中